広島平和記念日

8月6日は、広島平和記念日です。


多くの方がご存知の通り、
広島市に原爆が投下された86日に、
平和記念式典が行われるものです。

 

8月は、
原爆が投下された日や、
敗戦記念日など、

戦争で多くの方が亡くなったことを、
思い出す機会が何度かあります。


そして、やはり亡くなった方の魂をお迎えし、
そしてお見送りするお盆。


そのお盆の頃に、帰省客で満席だった、
日航ジャンボ機が墜落するという事故も、
1985年の812日に起こっています。

 

命や、生きるということについて、
考えずにはいられない時期です。

生と死はいつも隣り合わせで、
鎮魂のために植えられたご神木や、
やはり魂を慰めるための祭りが、

今日、私たちが前向きに生きていかれるための、
心の拠り所になっていることを、
忘れずにいたいものです。

 

 

まさにこの時期を、
清らかな気持ちで迎えるために、
6月末に夏の大祓えがあり、

居場所や心身の浄化を呼びかけるのですから、
それぞれの祈りの日には、
静かな気持ちで向き合えるよう、

それも暦を読み解いて、
タイミングを確認をしていきたいと思います。

関連記事

  1. 甲子の日

  2. 冬の土用

  3. 重陽の節句

  4. ついている人になるには

  5. 冬至の過ごし方

  6. 月遅れ盆の送り火

  7. 庚申の日

  8. 山茶花と椿の違い

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。