九星氣学


九星気学とは

「九星氣学」は中国に古来から伝わる方位術や九星術をルーツとして、日本で完成された開運法です。
天体や自然には一定の法則があり、そのエネルギーをうまく活用して心地よくすごすためにどのような理解や行動をすれば良いのか、一から九までの数字の読み解きで、具体的に指針を示してくれるものです。
陰陽五行説、十干十二支など日本でも長年親しまれている知恵が総合的に生かされています。
運気を向上させるために、積極的に移動を行うという特徴があり、そのことから吉方位旅行などが親しまれています。

 

九星氣学でわかること

九星氣学でわかることには3つの柱があります。この3つの柱は、中国から伝来している「天・地・人」の考え方に即しています。天体から計測するのが「時の運気」、私たちが暮らすこの大地の運気を知るのが「場の運気」、そしてそこで生きている私たち自身に備わるエネルギーが「人」と表現されています。