三伏とは

8月10日は「末伏(まっぷく)」です。


この言葉を見たら、
最後の猛暑だと思って下さい。


三伏(さんぷく)という、
陰陽五行説に基づく選日があり、


以下の
3つを総称して、
「三伏」といいます。

初伏(しょふく)
中伏(ちゅうふく)
末伏(まっぷく)


この期間は、
1年の中で最も暑い時期。

暑さの本格的な到来を告げる、
「初伏(しょふく)」が、

夏至の後、3回目の庚の日にやってきますが、

だいたい711日から719日の間に、
つまり小暑と大暑の間となります。


その後
「庚の日」ごとに、

中伏(ちゅうふく)
末伏(まっぷく)

となるわけです。

 

なぜ「庚」の日を目安とするか。

庚(かのえ)は、
硬い金属のエネルギーで、
炎に溶けることから、火に弱く、

火性の最も盛んな夏の時期の庚の日は、
凶であるとされています。


そこで、
金のエネルギー満ちる「庚の日」に、
健康に過ごすための注意喚起をするため、
夏の間の3回の庚の日を三伏としたのです。

暦注としての三伏日は、
旅行、種まき、婚姻を忌む日
とされています。

 

「三伏の暑さ」という言葉が、
手紙の挨拶文で使われるなど、
日本文化に定着している概念ですが、


朝鮮文化にも同じ風習が見られ、
この時期に暑気払いとして、
サムゲタン、ユッケジャン等の鶏肉料理や犬肉料理を食します。

日本人が、夏土用に鰻を食べるのと同じ感覚です。

 

また中国医学では、
「冬の病は夏に治す」という理論に基づき、

膏薬を体に貼って、
冬にかかりやすい病気を予防する処置が行われます。


この治療法が三伏に行われることから、
「三伏貼(中国語版)」と呼ばれているそうです。

関連記事

  1. 甲子の日

  2. 冬の土用

  3. 広島平和記念日

  4. 2021年1月16日は特別な日、最強開運日

  5. 重陽の節句

  6. 天赦日・一粒万倍日・寅の日が重なるトリプル開運日 3月31日

  7. 「大つち」土をいじってはならない期間に入ります!

  8. 山茶花と椿の違い

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。