「大つち」土をいじってはならない期間に入ります!

9月19日(日)は、「大つち始」です。


庚午(甲子から数えて
7番目)から、
丙子(13番目)までの7日間を大
犯土(大つち)といい、その初日。

土をいじってはならない凶日。

大つち期間 2021年9月19日〜25日まで

 

 

この期間には、
土公神(どくじん)が、
本宮あるいは土中にいるため、
土を犯してはならないと言われています。

 

土公神は、陰陽道における神の一人で、

土をつかさどり、
春はかまど、
夏は門、
秋は井戸、
冬は庭にいるとされています。


そのときに、
いらっしゃるところの土を動かすと、
土公神の怒りをかい、祟りがあるといいます。


かまどの神(かまど神)ともされ、
かまどにまつり朝晩に灯明を捧げることとされています。

 

この神は、不浄を嫌い、
刃物をかまどに向けてはならないそうです。


この期間の禁忌は、
季節ではなく、日におけるものですが、

穴掘り、井戸掘り、種まき、土木工事、
伐採など土いじりは一切慎むべきとされています。

 

特に、地鎮祭等の建築儀礼には凶日です。

 

ガーデニングなどが趣味の方は、
お気をつけください。

 

大つち期間 2021年9月19日〜25日まで

関連記事

  1. 天一天上とは

  2. 超特別な日、15日がやってきます。 

  3. 山岳信仰について

  4. 8年ぶりに満月と中秋の名月が重なるすごい日です。さらに一粒万倍日!

  5. 彼岸の入り

  6. 朝顔祭り

  7. 冬至の過ごし方

  8. 重陽の節句

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。