8年ぶりに満月と中秋の名月が重なるすごい日です。さらに一粒万倍日!

 

9月21日は、中秋の名月ですね。


「中秋の名月 (十五夜の月) =満月」
・・・と思っている方もいるかもしれませんが、

実はそうではありません。

 

旧暦では新月の瞬間を含む日を、
1日(ついたち)」としており、

旧暦の815日の夜が、
「中秋の名月(十五夜)」となります。

旧暦では、7月〜9月が秋で、
8月はちょうど秋の真ん中に
あたるので、中秋です。


月の満ち欠けを細かく計測すると、
新月から満月までの日数は変動し、
13.915.6日かかるので、
旧暦15日とは合わないことが多いのです。


今年は、
中秋の名月と同日の朝に、
満月の瞬間を迎えます。


ほぼ真ん丸な中秋の名月を、
楽しむことができる貴重なチャンス。

満月は月の引力が最も強くなる日です。

さらに今日は一粒万倍日。
一粒のモミが万倍に実って稲穂になる、
ということから何を始めるにも良い日
とされています。

お月見をして特別な1日をお過ごしくださいね。

 


前回、中秋の名月と満月が同日となったのは、
2013年なので8年ぶりのこととなります。
今年からは3年連続で同日になります。


中秋の名月を見たら、
次の十三夜もぜひご覧ください。


ふたつそろって、
運気があがると言われています。

 

2021年】
中秋の名月 921
十三夜   1018

関連記事

  1. 天一天上とは

  2. 2021年1月16日は特別な日、最強開運日

  3. 三伏とは

  4. 幸せになりたいならケチってはいけないもの

  5. 山茶花と椿の違い

  6. ついている人になるには

  7. 月遅れ盆の送り火

  8. 朝顔祭り

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。