【72】大寒末候 第七十二候「雞始乳(にわとりはじめてとやにつく) 」

【72】大寒末候
第七十二候「雞始乳(にわとりはじめてとやにつく) 」
新暦1月30日~2月3日 頃
鶏が卵を産みはじめる

植物

金柑(きんかん)

柊(ひいらぎ)

目光(めひかり)
動物  
行事など

節分:立春の前日に豆をまいて厄払いをする。

恵方巻き:
節分の夜にその年の恵方を向いて太巻きを丸かぶりする。

 

金柑(きんかん)は最も小さな蜜柑。おせち料理や砂糖漬けなどに活用されている。
(花言葉は思い出・感謝)

関連記事

  1. 【18】穀雨末候 第十八候「牡丹華(ぼたんはなさく) 」

  2. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  3. 【11】春分次候 第十一候「桜始開(さくらはじめてひらく)」

  4. 【33】小暑末候 第三十三候「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 」…

  5. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

  6. 【56】立冬次候 第五十六候「地始凍(ちはじめてこおる) 」

  7. 【24】小満末候 第二十四候「麦秋至(むぎのあきいたる)」

  8. 【15】清明末候 第十五候「虹始見(にじはじめてあらわる)」

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。