【52】霜降初候 第五十二候「霜始降(しもはじめてふる)」 

【52】霜降初候
第五十二候「霜始降(しもはじめてふる) 新暦10月23日~10月27日 頃
霜が初めて降りる

植物とんぶり

紫式部(むらさきしきぶ)

ホッケ
動物ヒヨドリ
行事など十三夜を見る:

中秋の名月の後、後の月とお言われる旧暦9月13日の十三夜。

栗名月、豆名月ともいう。

十五夜と十三夜を合わせて見ないと完全ではないという。

 

紫式部(むらさきしきぶ)は源氏物語の作者の名前にちなんでつけられた名前。小さな紫の実がたくさんなる。(花言葉は上品・聡明・知性

関連記事

  1. 【69】小寒末候 第六十九候「雉始雊(きじはじめてなく) 」

  2. 【34】大暑初候 第三十四候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」

  3. 【41】処暑次候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

  4. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  5. 【58】小雪初候 第五十八候「虹蔵不見(にじかくれてみえず) 」

  6. 【66】冬至末候 第六十六候「雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる) 」

  7. 【6】雨水末候 第六候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」

  8. 【17】穀雨次候 第十七候「霜止出苗(しもやんでなえいずる)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。