【10】春分初候 第十候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

【10】春分初候
第十候「始巣(すずめはじめてすくう) 新暦3月20日~3月24日 頃
雀が巣を作り始める

植物 蕗(ふき)

たんぽぽ

帆立貝、白魚
動物 ひばり
行事など

蕗は数少ない日本原産の花。アイヌ伝承の小人コロボックルが持っているのは蕗の葉。(花言葉は愛嬌・公正・私を認めて

たんぽぽは別名「鼓草」。タン・ポン・ポンと鳴る音にちなむ。(花言葉は神託・別離・幸福など)

雲雀(ひばり)が天高く長時間さえずるのもこの時期。

関連記事

  1. 【71】大寒次候 第七十一候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」 

  2. 【72】大寒末候 第七十二候「雞始乳(にわとりはじめてとやにつく) 」…

  3. 【38】立秋次候 第三十八候「寒蝉鳴(ひぐらしなく) 」

  4. 【40】処暑初候 第四十候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」

  5. 【22】小満初候 第二十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)」

  6. 【42】処暑末候 第四十二候「禾乃登(こくもつすなわちみのる) 」

  7. 【60】小雪末候 第六十候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」

  8. 【62】大雪次候 第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。