【71】大寒次候 第七十一候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」 

【71】大寒次候
第七十一候「水沢(さわみずこおりつめる) 新暦1月25日~1月29日 頃
沢の水が凍って厚く張りつめる

植物 水菜(みずな)

福寿草(ふくじゅそう)

公魚(わかさぎ)
動物 尉鶲(じょうびたき・鳥)
行事など

 

水菜は水と土だけで作られることからついた名。冬の鍋物などによく使われる。(花言葉は、虚空

福寿草(ふくじゅそう)は、元日草とも言われる。正月の床飾りなどにも使われる。 (花言葉は、幸福・幸せを招く・永久の幸福)

関連記事

  1. 【56】立冬次候 第五十六候「地始凍(ちはじめてこおる) 」

  2. 【16】穀雨初候 第十六候「葭始生(あしはじめてしょうず) 」

  3. 【64】冬至初候 第六十四候「乃東生(なつかれくさしょうず) 」

  4. 【7】啓蟄初候 第七候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」

  5. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  6. 【36】大暑末候 第三十六候「大雨時行(たいうときどきふる)」

  7. 【17】穀雨次候 第十七候「霜止出苗(しもやんでなえいずる)」

  8. 【27】芒種末候 第二十七候「梅子黄(うめのみきばむ)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。