冬至の過ごし方

2020年の冬至は、12月21日です。

冬至とは、24節気の一つで、1年で夜が最も長く昼が短い日です。


暗くて寒いので、
その日に気持ちが落ち込む人が多いのです。
「季節性のうつ」という言葉があるくらいなので、
この日に気持ちが落ち込まないように予防しましょう。


冬至の日、お風呂の湯にゆずを浮かべて入浴する行事が「
ゆず湯」です。

ゆず湯に入ると、その冬風邪を引かず、無病息災で送ることが
できると言われています。

ゆずの強い香りと薬効で、邪気を払います。
冷え症、腰痛の改善、お肌もツルツルになって、
何よりいい香りでリラックス効果も抜群です。

 

「ん」がつく食べ物を食べると、「運」がつくという言い伝えで、
なんきん(かぼちゃ)、にんじん、れんこん、ぎんなん、
きんかん、かんてん、うどんを「冬至の七草」と呼び、
運がつくだけでなく、体を温める食材です。
どれか一つでも召し上がってみてくださいね。

 

冬至を境に再び日が長くなっていくので、
『悪いことが去り良い方向に転ずる」という意味で
冬至を「一陽来復(いちようらいふく)」と呼びます。
そう思えば、寒くても力が湧いてきますね。

関連記事

  1. 天赦日・一粒万倍日・寅の日が重なるトリプル開運日 3月31日

  2. 山茶花と椿の違い

  3. 2021年1月16日は特別な日、最強開運日

  4. 冬の土用

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。