【6】雨水末候 第六候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」

【6】雨水末候
第六候「草木萌動(そうもくめばえいずる) 新暦3月1日~3月5日頃
草木が芽生え始める

植物 菜の花(なのはな)、緑蘩蔞(みどりはこべ)
蛤(はまぐり)
動物
行事など 浜下り:

旧暦の3月3日、沖縄では娘が浜に降りて潮干狩りなど楽しむ。

浜の砂を踏むことによって身を清める。ひな祭りの原型。

蛤:貝合わせ、その組しか噛み合わない。夫婦和合を願う。

菜の花は食べられることから、栄養豊富で免疫力もあげる。
(花言葉は快活・豊かな財力・競争

 

緑蘩蔞はこの時期によく見る野花。
(花言葉は 逢引・密会・愛らしい)

この時期に降る雨を「木の芽起こし」と言い、植物が花を咲かせるための
大切な雨であることからこの名がついた。

関連記事

  1. 【48】秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  2. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

  3. 【44】白露次候 第四十四候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」

  4. 【14】清明次候 第十四候「鴻雁北(こうがんかえる)」

  5. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  6. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  7. 【52】霜降初候 第五十二候「霜始降(しもはじめてふる)」 

  8. 【50】寒露次候 第五十候「菊花開(きくのはなひらく) 」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。