【56】立冬次候 第五十六候「地始凍(ちはじめてこおる) 」

【56】立冬次候
第五十六候「地始凍(ちはじめてこおる) 」新暦11月12日~11月16日 頃
大地が凍りはじめる

植物 ほうれん草

茶の花

毛蟹(怪我に)
動物
行事など 七五三:

数え年で男の子は3、5歳、女の子は7歳の節目で成長を祝う。

十六団子の日:

春に山から里に降りてきた田の神様を十六団子でもてなし、

今度は山に帰る神様を同様に見送る。

 

ほうれん草の別名は「冬薬」で、冬の代表的な野菜。(花言葉は活力・健康

茶の花は茶の湯でも好まれた白い五枚花弁の花。(花言葉は追憶・謙遜・純愛

関連記事

  1. 【1】立春初候   第一候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」

  2. 【63】大雪末候 第六十三候「鱖魚群(さけのうおむらがる)」 

  3. 【13】清明初候 第十三候「玄鳥至(つばめきたる)」

  4. 【18】穀雨末候 第十八候「牡丹華(ぼたんはなさく) 」

  5. 【5】雨水次候 第五候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」

  6. 【19】立夏初候 第十九候「鼃始鳴(かわずはじめてなく)」

  7. 【11】春分次候 第十一候「桜始開(さくらはじめてひらく)」

  8. 【30】夏至末候 第三十候「半夏生(はんげしょうず)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。