【69】小寒末候 第六十九候「雉始雊(きじはじめてなく) 」

【69】小寒末候
第六十九候「雉始雊(きじはじめてなく) 」新暦1月15日~1月19日 頃
雄の雉が鳴きはじめる

植物 蕪(かぶ)

蝋梅(ろうばい)

鮟鱇(あんこう)、鱈(たら)
動物 雉(きじ)
行事など 小正月:

1月1日を大正月、1月15日を小正月といい満月を迎える。

蝋梅(ろうばい)は年明けに咲く、淡い黄色の花で、甘い香りが魅力。(花言葉は、先導・先見・優しさ

関連記事

  1. 【59】小雪次候 第五十九候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう) 」

  2. 【4】雨水初候 第四候「土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)」

  3. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  4. 【53】霜降次候 第五十三候「霎時施(こさめときどきふる)」

  5. 【27】芒種末候 第二十七候「梅子黄(うめのみきばむ)」

  6. 【24】小満末候 第二十四候「麦秋至(むぎのあきいたる)」

  7. 【8】啓蟄次候 第八候「桃始笑(ももはじめてさく)」

  8. 【58】小雪初候 第五十八候「虹蔵不見(にじかくれてみえず) 」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。