【32】小暑次候 第三十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

【32】小暑次候
第三十二候「始開(はすはじめてひらく) 新暦7月12日~7月16日 頃
蓮の花が開き始める

植物大蒜(にんにく)、とうもろこし

蓮(はす)、百日紅(さるすべり)

かれい
動物アゲハチョウ
行事など迎え火:

新暦7月15日にお盆の行事を行う。

野菜に割り箸を刺して動物に見立てる。

 

蓮は仏教とともに日本に伝わってきた。泥の中から花を咲かせることから清らかさを象徴。(花言葉は、清らかな心・神聖・休養など

大蒜(にんにく)は、仏教用語で「忍辱(にんにく)」といい、「侮辱や苦しみに耐える」という意味。強壮作用があるので僧侶たちは食べることを禁じられていた。(花言葉は、勇気と力

百日紅(さるすべり)は、花が100日以上咲くことからこの漢字が使われる。(花言葉は、雄弁・不用意・愛嬌・活動など

トウモロコシも旬を迎える。(花言葉は、富・財宝・豊富・仲たがい

関連記事

  1. 【11】春分次候 第十一候「桜始開(さくらはじめてひらく)」

  2. 【16】穀雨初候 第十六候「葭始生(あしはじめてしょうず) 」

  3. 【14】清明次候 第十四候「鴻雁北(こうがんかえる)」

  4. 【71】大寒次候 第七十一候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」 

  5. 【48】秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  6. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  7. 【3】立春末候 第三候「魚上氷(うおこおりをいずる)」

  8. 【33】小暑末候 第三十三候「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 」…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。