【7】啓蟄初候 第七候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」

【7】啓蟄初候
第七候「虫啓戸(すごもりむしとをひらく) 新暦3月5日~3月9日頃
冬ごもりをしていた虫が目覚める

 

植物わらび、ぜんまい

菫(すみれ)

鰆(さわら)
動物
行事など事始(ことはじめ):

旧暦の2月8日、1年の催事や農事を始める日。旧暦の12月8日の事納めと対。

お事汁を食べる。

 

菫は100種類以上あり、色も様々であるが紫色がイメージとして強い。(花言葉は貞節・密かな愛・誠実

わらび(花言葉は 不変の愛・真面目)

ぜんまい(花言葉は子孫の守護・夢) 銭巻きから名前が由来するとも言われている。

鰆(さわら)は名前のとおりに春の魚。

関連記事

  1. 【65】冬至次候 第六十五候「麋角解(さわしかつのおつる) 」

  2. 【72】大寒末候 第七十二候「雞始乳(にわとりはじめてとやにつく) 」…

  3. 【58】小雪初候 第五十八候「虹蔵不見(にじかくれてみえず) 」

  4. 【50】寒露次候 第五十候「菊花開(きくのはなひらく) 」

  5. 【25】芒種初候 第二十五候「蟷螂生(かまきりしょうず) 」

  6. 【48】秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  7. 【42】処暑末候 第四十二候「禾乃登(こくもつすなわちみのる) 」

  8. 【52】霜降初候 第五十二候「霜始降(しもはじめてふる)」 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。