【57】立冬末候 第五十七候「金盞香(きんせんかさく)」

【57】立冬末候
第五十七候「金盞(きんせんかさく) 新暦11月17日~11月21日 頃
水仙の花が咲いて香る

植物蓮根(れんこん)、山芋(やまいも)

水仙(すいせん)

甲烏賊(こういか)
動物まひわ(鳥)
行事など出雲大社の神在祭:

旧暦十月の別名は神無月。全国の神様が出雲に出かける。

 

水仙は香り高く、ギリシアの神話のナルシスの物語にも登場する。(花言葉はうぬぼれ・自己愛・ナルシズム

山芋には自然薯や大和芋、長芋などがある。その滋養から「山のうなぎ」といわれることもある。

蓮根(れんこん)はその穴の形状から、「先を見通せる縁起物」といわれる。蓮の地下茎でもある。

関連記事

  1. 【34】大暑初候 第三十四候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」

  2. 【4】雨水初候 第四候「土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)」

  3. 【19】立夏初候 第十九候「鼃始鳴(かわずはじめてなく)」

  4. 【6】雨水末候 第六候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」

  5. 【33】小暑末候 第三十三候「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 」…

  6. 【45】白露末候 第四十五候「玄鳥去(つばめさる)」 

  7. 【1】立春初候   第一候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」

  8. 【22】小満初候 第二十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。