【63】大雪末候 第六十三候「鱖魚群(さけのうおむらがる)」 

【63】大雪末候
第六十三候「鱖魚群(さけのうおむらがる) 新暦12月16日~12月20日頃
鮭が群れをなして川をさかのぼる

植物 韮(にら)
鮭(さけ)、海鼠(なまこ)
動物 むらさきしじみ(蝶)
行事など 念仏の口止め:

正月の神様は念仏を嫌がるので、暮の12月16日までで念仏納めにする。明けは1月16日。

羽子板市:浅草で12月17〜19日まで。

 

韮(にら)は、疲労回復などによいとされている野菜。花は小さな星が集まるような形状。(花言葉は多幸・星への願い

関連記事

  1. 【56】立冬次候 第五十六候「地始凍(ちはじめてこおる) 」

  2. 【41】処暑次候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

  3. 【4】雨水初候 第四候「土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)」

  4. 【3】立春末候 第三候「魚上氷(うおこおりをいずる)」

  5. 【62】大雪次候 第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」

  6. 【68】小寒次候 第六十八候「水泉動(しみずあたたかをふくむ) 」

  7. 【29】夏至次候 第二十九候「菖蒲華(あやめのはなさく)」

  8. 【61】大雪初候 第六十一候「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる) 」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。