【1】立春初候   第一候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」

【1】立春初候
第一候「東風解凍(はるかぜこおりをとく) 」新暦2月4日~2月8日頃
春風が吹いて氷が解け始める

植物 蕗の薹(ふきのとう)
白魚
動物
行事など 福茶

立春から始まる新しい年に初めて汲んだ水を”若水”といい開運効果が高い。若水で淹れるお茶のこと。

初午

立春を過ぎて最初の午の日に稲荷詣でをすると良い。

蕗の薹の苦味が冬の間に眠っていた心身を目覚めさせるという。(花言葉は待望・愛嬌・仲間

東からの暖かい風を「東風」(こちかぜ)と呼ぶ。中国の陰陽五行思想では、木のエネルギーは方位は東、そして季節は春に相当する。

関連記事

  1. 【7】啓蟄初候 第七候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」

  2. 【68】小寒次候 第六十八候「水泉動(しみずあたたかをふくむ) 」

  3. 【15】清明末候 第十五候「虹始見(にじはじめてあらわる)」

  4. 【41】処暑次候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

  5. 【10】春分初候 第十候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

  6. 【3】立春末候 第三候「魚上氷(うおこおりをいずる)」

  7. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  8. 【9】啓蟄末候 第九候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。