【58】小雪初候 第五十八候「虹蔵不見(にじかくれてみえず) 」

【58】小雪初候
第五十八候「虹蔵不見(にじかくれてみえず) 」新暦11月22日~11月26日 頃
虹を見かけなくなっていく

植物 林檎(りんご)

野茨(のいばら)

くえ
動物 鴛鴦(おしどり)
行事など 新嘗祭:

11月23日、秋の収穫に感謝を捧げる。伊勢神宮などで行事が行われる。勤労感謝の日でもある。

林檎(りんご)は「1日1個のりんごで医者いらず」と言われるほど栄養豊富。(花言葉は選択・永久の幸せ・名声

野茨(のいばら)は開花のあとに小さな赤い身をつける。(花言葉は、素朴・孤独・痛手からの回復

関連記事

  1. 【55】立冬初候 第五十五候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」 

  2. 【71】大寒次候 第七十一候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」 

  3. 【17】穀雨次候 第十七候「霜止出苗(しもやんでなえいずる)」

  4. 【9】啓蟄末候 第九候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」

  5. 【42】処暑末候 第四十二候「禾乃登(こくもつすなわちみのる) 」

  6. 【65】冬至次候 第六十五候「麋角解(さわしかつのおつる) 」

  7. 【4】雨水初候 第四候「土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)」

  8. 【68】小寒次候 第六十八候「水泉動(しみずあたたかをふくむ) 」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。