【33】小暑末候 第三十三候「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 」

【33】小暑末候
第三十三候「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 」新暦7月17日~7月21日 頃
鷹のヒナが、飛び方を習い覚える

植物 モロヘイヤ

桃の葉

鰻(うなぎ)
動物 ハチクマ
行事など 土用入り:

夏土用、立秋前18日間。

丑の日に夏バテしないように鰻を食べる。

モロヘイヤが夏バテに良いとされている。また、「桃葉湯(とうようとう)」といい、桃の葉を入れた風呂があせもなどの皮膚疾患に良いとされた。この時期ならではの植物の活用がある。

関連記事

  1. 【17】穀雨次候 第十七候「霜止出苗(しもやんでなえいずる)」

  2. 【14】清明次候 第十四候「鴻雁北(こうがんかえる)」

  3. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  4. 【22】小満初候 第二十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)」

  5. 【32】小暑次候 第三十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

  6. 【45】白露末候 第四十五候「玄鳥去(つばめさる)」 

  7. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  8. 【23】小満次候 第二十三候「紅花栄(べにばなさかう)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。