【21】立夏末候 第二十一候「竹笋生(たけのこしょうず) 」

【21】立夏末候
第二十一候「竹笋生(たけのこしょうず) 」新暦5月15日~5月20日 頃
たけのこが生えてくる

植物筍(たけのこ)

雛罌粟(ひなげし)

浅利(あさり)
動物
行事など葵祭

京都の下鴨神社で行われる。

筍(たけのこ)成長が極めて早く美味でもある。「雨後の筍」は続々と生えてくることから生まれた諺。(花言葉は、節度・節操

 

雛罌粟(ひなげし)は別名「虞美人草(ぐびじんそう)」。(花言葉は、慰め・労り・別れの悲しみ

関連記事

  1. 【69】小寒末候 第六十九候「雉始雊(きじはじめてなく) 」

  2. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  3. 【71】大寒次候 第七十一候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」 

  4. 【64】冬至初候 第六十四候「乃東生(なつかれくさしょうず) 」

  5. 【44】白露次候 第四十四候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」

  6. 【16】穀雨初候 第十六候「葭始生(あしはじめてしょうず) 」

  7. 【61】大雪初候 第六十一候「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる) 」

  8. 【12】春分末候 第十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。