【25】芒種初候 第二十五候「蟷螂生(かまきりしょうず) 」

【25】芒種初候
第二十五候「蟷螂生(かまきりしょうず) 」新暦6月5日~6月9日 頃
冬越えをした卵から、カマキリが孵化する

植物らっきょう、柘榴(ざくろ)、苗代苺(なめしろいちご)
鮎(あゆ)、あいなめ
動物かまきり
行事など稽古はじめ:

稽古はじめを6歳の6月6日にすると上手になると言われている。

らっきょうは暑バテによい働きがある。(花言葉は、慎ましい

この時期には柘榴(ざくろ)の花が咲く。実がなるのは秋。(花言葉は、優美・子孫の守護・成熟した美しさ

苗代苺(なめしろいちご)は、苗代をつくる頃に熟すので名付けられた。

関連記事

  1. 【42】処暑末候 第四十二候「禾乃登(こくもつすなわちみのる) 」

  2. 【10】春分初候 第十候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

  3. 【16】穀雨初候 第十六候「葭始生(あしはじめてしょうず) 」

  4. 【19】立夏初候 第十九候「鼃始鳴(かわずはじめてなく)」

  5. 【13】清明初候 第十三候「玄鳥至(つばめきたる)」

  6. 【38】立秋次候 第三十八候「寒蝉鳴(ひぐらしなく) 」

  7. 【61】大雪初候 第六十一候「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる) 」

  8. 【59】小雪次候 第五十九候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう) 」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。