【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) 」

【26】芒種次候
第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) 」新暦6月10日~6月15日 頃
蛍が飛び交う 腐った草が姿を変えたと信じられていた

植物 トマト、茗荷(みょうが)

紫陽花(あじさい)

スルメイカ
動物 蛍(ほたる)
行事など 田植えの祭り:

全国各地で田の神様に方策を祈る祭りが行われる。

トマトは栄養豊富。料理に活用される。(花言葉は、完成美・感謝

茗荷(みょうが)は落語などにも登場。薬味として愛用されている。(花言葉は、忍耐・報いられない努力

紫陽花(あじさい)はその美しさからこの時期を代表する。(花言葉は、高慢・辛抱強い・冷淡・移り気など

関連記事

  1. 【53】霜降次候 第五十三候「霎時施(こさめときどきふる)」

  2. 【52】霜降初候 第五十二候「霜始降(しもはじめてふる)」 

  3. 【28】夏至初候 第二十八候「乃東枯(なつかれくさかるる)」

  4. 【54】霜降末候 第五十四候「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」 

  5. 【48】秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  6. 【5】雨水次候 第五候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」

  7. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  8. 【9】啓蟄末候 第九候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。