【27】芒種末候 第二十七候「梅子黄(うめのみきばむ)」

【27】芒種末候
第二十七候「梅子(うめのみきばむ) 新暦6月16日~6月20日 頃
梅の実が熟して黄色くなってくる

植物梅(うめ)、オクラ

すいかずら、梔子(くちなし)

すずき
動物
行事など暦の入梅:

梅雨入りの準備をする。

梅雨の訪れのこの時期に梅の実が実る。(花言葉は、気品・高潔・美と長寿など

すいかずらは、甘い蜜を吸うことができる。バッチフラワーレメディ16番のハニーサックル。(花言葉は、愛の絆・献身的な愛・友愛

梔子(くちなし)はたくあんの色付けにも使われる。(花言葉は、幸福者・喜びを運ぶなど

オクラは栄養豊富でこの時期の体調管理に良い。(花言葉は、恋の病

関連記事

  1. 【10】春分初候 第十候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

  2. 【32】小暑次候 第三十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

  3. 【63】大雪末候 第六十三候「鱖魚群(さけのうおむらがる)」 

  4. 【3】立春末候 第三候「魚上氷(うおこおりをいずる)」

  5. 【41】処暑次候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

  6. 【19】立夏初候 第十九候「鼃始鳴(かわずはじめてなく)」

  7. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  8. 【4】雨水初候 第四候「土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。