【13】清明初候 第十三候「玄鳥至(つばめきたる)」

【13】清明初候
第十三候「鳥至(つばめきたる) 新暦4月4日~4月8日 頃

ツバメが南からやってくる

植物 行者にんにく
初ガツオ
動物 つばめ
行事など お花祭り:

4月8日は釈迦が生まれた灌仏会。花の多く咲く季節なので「お花祭り」といわれるようになった。

行者にんにくは山で修行をする行者が食したことからついた呼び名。(花言葉は慶事・祝い・感謝

つばめが巣をかけた家には幸せが訪れるといわれる。

関連記事

  1. 【14】清明次候 第十四候「鴻雁北(こうがんかえる)」

  2. 【33】小暑末候 第三十三候「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 」…

  3. 【19】立夏初候 第十九候「鼃始鳴(かわずはじめてなく)」

  4. 【66】冬至末候 第六十六候「雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる) 」

  5. 【41】処暑次候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

  6. 【71】大寒次候 第七十一候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」 

  7. 【53】霜降次候 第五十三候「霎時施(こさめときどきふる)」

  8. 【34】大暑初候 第三十四候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。