【60】小雪末候 第六十候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」

【60】小雪末候
第六十候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ) 新暦12月2日~12月6日 頃
橘の実が黄色く色づく

植物 橘(たちばな)、橙(だいだい)、セロリ
ボラ
動物
行事など ひょうたん祭り

大分県 12月4日に行われる。

橘(たちばな)は古事記や日本書記にも描かれている。常緑で明るい黄色の実をつけることから「永遠」を象徴する演技の良い植物。(花言葉は永遠・追憶

橙(だいだい)は「代々、実る」ことから縁起物として鏡餅などにのせるようになった。(花言葉は、相思相愛

関連記事

  1. 【71】大寒次候 第七十一候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」 

  2. 【18】穀雨末候 第十八候「牡丹華(ぼたんはなさく) 」

  3. 【14】清明次候 第十四候「鴻雁北(こうがんかえる)」

  4. 【58】小雪初候 第五十八候「虹蔵不見(にじかくれてみえず) 」

  5. 【61】大雪初候 第六十一候「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる) 」

  6. 【1】立春初候   第一候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」

  7. 【44】白露次候 第四十四候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」

  8. 【25】芒種初候 第二十五候「蟷螂生(かまきりしょうず) 」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。