【40】処暑初候 第四十候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」

【40】処暑初候
第四十候「綿柎開(わたのはなしべひらく) 新暦8月23日~8月27日 頃

綿の実を包む萼(がく)が開く頃

植物 すだち

綿花(めんか)、白粉花(おしろいばな)

かさご
動物
行事など 吉田の火祭り(北口本宮冨士浅間神社と諏訪神社の秋祭り・富士山のお山じまい)

伊奈の綱火(茨城県つくばみらい市)

 

この頃、萼に守られた白い綿が顔を出す。
(花言葉は有用・優秀・あなたを守る

 

すだちはビタミンCやクエン酸が豊富。日焼け後の美肌にもよい
(花言葉は純潔・清らかな心

 

白粉花は夕刻から咲くので、「夕化粧」とも呼ばれる。
(花言葉は内気・恥じらい・おしゃれ

関連記事

  1. 【38】立秋次候 第三十八候「寒蝉鳴(ひぐらしなく) 」

  2. 【33】小暑末候 第三十三候「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 」…

  3. 【7】啓蟄初候 第七候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」

  4. 【65】冬至次候 第六十五候「麋角解(さわしかつのおつる) 」

  5. 【60】小雪末候 第六十候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」

  6. 【14】清明次候 第十四候「鴻雁北(こうがんかえる)」

  7. 【66】冬至末候 第六十六候「雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる) 」

  8. 【55】立冬初候 第五十五候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。