【37】立秋初候 第三十七候「涼風至(すずかぜいたる)」

【37】立秋初候
第三十七候「涼風至(すずかぜいたる)」 新暦8月7日~8月11日 頃
涼しい風が初めて吹き始める頃。

植物 桃(もも)

ツユクサ

しじみ
動物
行事など なら燈火会

奈良で行われる、たくさんのろうそくが灯される行事。

 

桃は桃太郎などの昔話に代表されるように強い邪気払いの力や霊力があるとされている。
豊かさの象徴でもある。
八月八日から十日は、白桃(八九十)の語呂合わせが縁起が良いと言われている。

(花言葉は恋の奴隷・辛抱・忍耐・長命

 

朝咲いて昼過ぎにはしぼむ儚い一日花。
別名「月草」「蛍草」とも呼ばれる。
(花言葉は尊敬・芳醇・密かな愛

関連記事

  1. 【40】処暑初候 第四十候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」

  2. 【49】寒露初候 第四十九候「鴻雁来(こうがんきたる) 」

  3. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  4. 【63】大雪末候 第六十三候「鱖魚群(さけのうおむらがる)」 

  5. 【50】寒露次候 第五十候「菊花開(きくのはなひらく) 」

  6. 【35】大暑次候 第三十五候「土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)」 …

  7. 【42】処暑末候 第四十二候「禾乃登(こくもつすなわちみのる) 」

  8. 【57】立冬末候 第五十七候「金盞香(きんせんかさく)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。