【12】春分末候 第十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」

【12】春分末候
第十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)新暦3月30日~4月3日 頃
春の訪れを告げる雷が遠くで鳴る

 

植物うど

木蓮(もくれん)

真鯛、飯蛸
動物
行事などエイプリールフール:

嘘をついても良いとされる日。

 

木蓮(もくれん)は必ず北を向くことからコンパスフラワーとも呼ばれる。(花言葉は崇高・畏敬・恩恵

この時期の雷の光が稲を育てるように見えることから「稲妻」という。

関連記事

  1. 【45】白露末候 第四十五候「玄鳥去(つばめさる)」 

  2. 【38】立秋次候 第三十八候「寒蝉鳴(ひぐらしなく) 」

  3. 【31】小暑初候 第三十一候「温風至(あつかぜいたる)」

  4. 【55】立冬初候 第五十五候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」 

  5. 【4】雨水初候 第四候「土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)」

  6. 【72】大寒末候 第七十二候「雞始乳(にわとりはじめてとやにつく) 」…

  7. 【32】小暑次候 第三十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

  8. 【48】秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。