彼岸の入り

彼岸花が咲き始めました。

9月20日は、彼岸入りです

 

2021年
920日 彼岸入り
923日 彼岸中日
926日 彼岸明け

923日彼岸中日は秋分です。

 

秋分は、
昼と夜の長さが同じくらいになるのと、
太陽が真東から昇り、真西に沈みます。

 

真西には「極楽浄土」があると言われ、

西を目指し、苦しいこちら側から、
極楽のあるあちら側に行きたいと、
人々が願うきっかけになったタイミングです。


彼岸というのは、
あちら側という意味で、
あちら側にある極楽浄土と繋がろうと、
仏事が多く行われるようになりました。


お墓参りをし、
ご先祖様と繋がります。


この時期食べるのはおはぎです。

ちなみに、春のお彼岸は、
牡丹の花になぞらえて「ぼたもち」、

秋のお彼岸に食べるのは、
萩の花になぞらえて「おはぎ」と呼びます。


そうした昔ながらの行事を大切にしていただきたいのと、

ぜひ、彼岸に渡るという意識を、
しっかり潜在意識に刷り込むために、
お彼岸に「渡る」という行為を、
意識的に行うことをお勧めしています。

・歩道橋
・橋
・横断歩道
・トンネル

こうした場所は、

「異界」に通じる場所として、
民話や伝説に描かれることも多く、

もしかしたら人の気持ちが、
特別な動き方をする何かきっかけを
はらんでいるのかもしれません。


東から西に向けて、

例えば橋などを渡れれば理想的なので、
お近くに大きな橋など探してみてください。


そして、
中秋の名月のお支度もお忘れなく。

2021年】
中秋の名月 921
十三夜   1018

関連記事

  1. 2021年1月16日は特別な日、最強開運日

  2. 山茶花と椿の違い

  3. 重陽の節句

  4. 「大つち」土をいじってはならない期間に入ります!

  5. 冬至の過ごし方

  6. 朝顔祭り

  7. 超特別な日、15日がやってきます。 

  8. 冬の土用

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。