【19】立夏初候 第十九候「鼃始鳴(かわずはじめてなく)」

【19】立夏初候
第十九候「鼃始鳴(かわずはじめてなく) 新暦5月5日~5月9日 頃

田畑でカエルが鳴きはじめる

植物人参(にんじん)

藤(ふじ)、柏(かしわ)

金目鯛(きんめだい)
動物蛙(かえる)、時鳥(ほととぎす)
行事など端午の節句:

邪気祓いに菖蒲湯に入り、柏餅を食べる。

藤の花は春と夏にまたがって花咲くことから、別名「二季草」と呼ばれる。
(花言葉は、王者の風格・富貴・誠実

 

柏は新芽が出るまで葉が落ちないので家系が絶えない縁起もの。
(花言葉は、勇敢・独立・自由

 

人参(にんじん)は栄養豊富で免疫力を高める。(花言葉は、幼い夢

関連記事

  1. 【16】穀雨初候 第十六候「葭始生(あしはじめてしょうず) 」

  2. 【41】処暑次候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

  3. 【72】大寒末候 第七十二候「雞始乳(にわとりはじめてとやにつく) 」…

  4. 【15】清明末候 第十五候「虹始見(にじはじめてあらわる)」

  5. 【71】大寒次候 第七十一候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」 

  6. 【24】小満末候 第二十四候「麦秋至(むぎのあきいたる)」

  7. 【47】秋分次候 第四十七候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」 …

  8. 【48】秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。