【64】冬至初候 第六十四候「乃東生(なつかれくさしょうず) 」

新暦12月21日~12月25日 頃
夏枯草(うつぼ草)が芽を出【64】冬至初候
第六十四候「乃東生(なつかれくさしょうず) 」

植物 柚子(ゆず)

千両(せんりょう)、万両(まんりょう)

鮪(まぐろ)
動物 こげら
行事など 柚子湯:

冬至の日に柚子湯で体を温める。

 

柚子は料理や風呂に使うなどして親しまれている。独特な香りが良い。(花言葉は、健康美・汚れなき人・幸福など

千両(せんりょう)や万両(まんりょう)は商売繁盛の縁起物として正月飾りに使われる。千両は葉の上に実がつき、万両は葉の下に実が下がる。

千両(せんりょう)(花言葉は、可憐・裕福・財産・恵まれた才能

万両(まんりょう) (花言葉は、陰徳・金満家・財産

関連記事

  1. 【38】立秋次候 第三十八候「寒蝉鳴(ひぐらしなく) 」

  2. 【66】冬至末候 第六十六候「雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる) 」

  3. 【68】小寒次候 第六十八候「水泉動(しみずあたたかをふくむ) 」

  4. 【52】霜降初候 第五十二候「霜始降(しもはじめてふる)」 

  5. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  6. 【2】立春次候 第二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく) 

  7. 【33】小暑末候 第三十三候「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 」…

  8. 【18】穀雨末候 第十八候「牡丹華(ぼたんはなさく) 」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。