【67】小寒初候 第六十七候「芹乃栄(せりすなわちさかう)」 

【67】小寒初候
第六十七候「芹乃(せりすなわちさかう) 新暦1月5日~1月9日 頃
芹がすくすくと育つ

植物春の七草:せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ

南天(なんてん)

真鱈(まだら)、鮟鱇(あんこう)
動物
行事などどんど焼き:

正月の松飾りを燃やして年神様を天に送る。

春の七草で、「七草粥」を作り食す。今年の健康を願うもの。

南天は「難を転ずる」として縁起物とされる。古くから厄除けとされてもきた。(花言葉は、機知に富む・福をなす・良い家庭

関連記事

  1. 【37】立秋初候 第三十七候「涼風至(すずかぜいたる)」

  2. 【6】雨水末候 第六候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」

  3. 【44】白露次候 第四十四候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」

  4. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  5. 【30】夏至末候 第三十候「半夏生(はんげしょうず)」

  6. 【41】処暑次候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

  7. 【50】寒露次候 第五十候「菊花開(きくのはなひらく) 」

  8. 【24】小満末候 第二十四候「麦秋至(むぎのあきいたる)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。