【68】小寒次候 第六十八候「水泉動(しみずあたたかをふくむ) 」

【68】小寒次候
第六十八候「水泉動(しみずあたたかをふくむ) 」新暦1月10日~1月14日 頃
地中で凍っていた泉が動き出す

植物 春菊(しゅんぎく)

柊(ひいらぎ)

氷下魚(こまい)
動物
行事など 寒九の水:

寒の入りから9日目に汲んだみず。1年でもっとも澄んで腐らない。

鏡開き:

年神様に備えた餅を割っていただく。

柊(ひいらぎ)は常緑の葉とトゲがあることから、古くから魔除けとして親しまれよく庭に植えられる。(花言葉は、用心深さ・先見の明

春菊(しゅんぎく)鍋やおひたしによい。(花言葉は、豊富

関連記事

  1. 【12】春分末候 第十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)…

  2. 【63】大雪末候 第六十三候「鱖魚群(さけのうおむらがる)」 

  3. 【9】啓蟄末候 第九候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」

  4. 【3】立春末候 第三候「魚上氷(うおこおりをいずる)」

  5. 【62】大雪次候 第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」

  6. 【5】雨水次候 第五候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」

  7. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

  8. 【66】冬至末候 第六十六候「雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる) 」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。