立冬初候 第五十五候 山茶始開(つばきはじめてひらく)


11月7日8時14分に、立冬を迎えました。

24節季の19番目にあたり、冬の気配が感じられてくる頃です。
風邪の邪気は、首の後ろから入ってくるので、マフラーやスカーフで
暖かくしてお過ごしくださいね。

 

七十二候の「山茶始開」は、サザンカが咲き始める頃で、11月7~11日です。

ツバキと混同されがちですが、先駆けて咲くのはサザンカです。

ツバキとの違いは、以前の記事をどうぞ。
https://etsukotomioka.com/botanical-fengshui/camellia-sasanqua/

 

この時期のおすすめの魚は、

ヒラメ

白身の刺身では極上とされ、えんがわは食感も甘みも旨味もあって、
お好きな方が多いですね。熱燗と一緒に、食べたくなりました。

 

果物は

みかん (温州みかん)

ビタミンCが豊富で、風邪予防、美肌効果、疲労回復、便秘解消などに嬉しい効果が
期待できます。
食べ過ぎると、手のひらが黄色くなる成分は、強い発がん抑制成分だそうです。

 

11月7日は、「鍋の日」

白菜や、大根、ネギ、春菊などの冬野菜と蟹や鮭、牡蛎、肉、なんでも美味しく
いただけますね。
調理も簡単なので、寒い冬の時期に、何度も具材を変えて楽しみます。
あなたのご家庭の定番鍋は、なんでしょうか。

 

 


関連記事

  1. 秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  2. 寒露次候 第50候 菊花開(きくのはなひらく)

  3. 霜降次候 第五十三候 霎時施(こさめときどきふる) 

  4. 霜降初候 第五十二候 霜始降

  5. 寒露初候 第四十九候 鴻雁来(こうがんきたる) 

  6. 寒露末候 第51候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。