二十四節気 第一節 「立春」


二十四節気 第一節「立春」 新暦 2月4日頃から2月18日頃

旧暦では、この季節から新年が始まります。

寒さは感じるものの、だんだんと気温も上がり始め、木々芽吹きも感じる頃です。

二十四節気の一つの気をさらに3等分したものが、七十二候です。

立春初候 東風解凍(はるかぜこおりをとく)2月4日頃
立春次候 黄鴬睍睆(うぐいすなく)2月9日頃
立春末候 魚上氷(うおこおりをいずる)2月14日頃


関連記事

  1. 冬至の過ごし方

  2. ハロウインの由来は

  3. 冬の土用

  4. 第五十七候「金盞香(きんせんかさく)」の花は何の花のこと?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。