ハロウインの由来は


10月31日は、ハロウインですね。

日本では仮装をするお祭りになっていますが、
元々は古代ケルト人の収穫祭です。

秋の収穫を祝い、悪霊を祓う宗教的な行事でした。

この日は現実世界と霊界の間の門が開き、
妖精や悪魔がこの世を行き交うと言われ、
そのことがお化けの仮装につながりました。 

ハロウィンのシンボルとしてよく目にする
目と口と鼻をくり抜いて中にキャンドルを灯した

かぼちゃのランタンは、「ジャック・オー・ランタン」
と呼ばれ
日本でいう鬼火のような存在です。

怖い顔にくり抜いて部屋の窓辺などに飾ると魔除けの役割を
果たし、悪霊を怖がらせて追い払えるそうです。

ケルトの信仰では、

11月1日が夏の終わり(サウィンの祭り)で、
ケルトの新年、闇の半年の冬の始まりの節目となります。
ハロウィンは大晦日の位置付けです。

 

ケルト人は樹木信仰を持つことでも知られていますが、
夏の守り樹であるオークから、
冬の守り樹ヒイラギへのバトンタッチも行われます。

オーク(oak)

ヒイラギ(holly)

 

 

世界には様々な暦がありますが、
まずは自分が暮らすその土地に合ったものを使うことが必要です。
そして、前世も含め自分のルーツと関わる暦と出会えると、
自分にとって心地のよいタイミングの取り方や、
方向性が見えてくると言われています。

 

私たち”認定こよみすと”は、
旧暦を読み解いて、その人にとって一番合う
開運法のアドバイスをしています。

旧暦も陽の半年と、陰の半年に分かれ、
10月31日は陰の半年に位置します。

2021年の幕開けは2月3日の立春からです。
来年の運気を詳しく知ることで
適切なタイミングで動けるようになるのが
”こよみすと アドバイスシート”です。

事前インタビューでお悩みやご要望をお伺いし、
お一人お一人お作りしています。
一年間の指針としてぜひご活用ください。

こよみすと アドバイスシート2021

 


関連記事

  1. 第五十七候「金盞香(きんせんかさく)」の花は何の花のこと?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。