大寒初候 第七十候 款冬華(ふきのはなさく)


二十四節気の最後の節気の
「大寒」を迎えました。


一年で最も寒さが厳しい時候です。
ここが、寒さの底で、少しづつ春の気配を
感じられるようになっていきます。

寒気で引き締まっているため、
「寒の内」の水は
腐らないとされています。
味噌、醤油、酒造りに利用され、
「寒造り」と
いわれるものです。

 

七十二候は
大寒初候 第七十候

款冬華(ふきのはなさく)

蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す頃。

2021年1月20日〜24日

この期間目にしたり、召し上がると 
幸福感が高まる旬のものは、
開運に欠かせないものです。


小松菜
霜を受けるほどに甘みが増し、葉が柔らかく
美味しくなります。
カルシウム、鉄、ビタミンA、Cなどが
豊富。
花言葉:小さな幸せ

 

 

南天(なんてん)
「難を転じる」という意味に通じることから
縁起が良いとされます。
花言葉:機知に富む 福をなす 良い家庭

 


赤貝

 

 

鰤(ぶり)

 

あおじ

雀よりやや大きいホオジロ科の小鳥。
頭は暗緑色で、目の周りは黒色。
背は暗褐色で、胸・腹は緑がかった黄色。

 

 

 


関連記事

  1. 【3】立春末候 第三候「魚上氷(うおこおりをいずる)」 

  2. 立冬初候 第五十五候 山茶始開(つばきはじめてひらく)

  3. 寒露初候 第四十九候 鴻雁来(こうがんきたる) 

  4. 寒露末候 第51候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

  5. 【2】立春次候 第二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく) 

  6. 大寒末候 第七十二候 雞始乳(にわとりはじめてとやにつく)

  7. 大寒次候 第七十一候 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

  8. 霜降初候 第五十二候 霜始降

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。