霜降次候 第五十三候 霎時施(こさめときどきふる) 


 

霜降次候 第五十三候 霎時施(こさめときどきふる)
新暦10月28日〜11月1日頃

小雨が降ったり止んだりする。

 

「霎(しぐれ)」とは時雨(しぐれ)のこと。
晩秋から初冬にかけて、
ふいに強い雨が降りかかり、見る間に去っては
青空が戻ってくる空模様。
この時季は、一雨ごとに気温が下がり、季節は
確実に冬へと向かいます。

 

この期間目にしたり、召し上がると 
幸福感が高まる旬のものは、
開運に欠かせないものです。

植物:山芋(やまいも)
魚 :きんき

行事など:宇和津彦神社秋祭り
愛媛県の宇和島で行われる。

 

大和芋、長芋、自然薯、銀杏芋など、600種類も
あるといわれ、
いろいろな料理に使われますが、唯一生で食べら
れるネバネバのお芋です。

栄養価の高い食品で、滋養強壮によく、疲労回復
に効果的なことから、
「山のうなぎ」と呼ばれています。

とろろ汁、短冊切りで梅肉あえや、焼くと
ホクホクした食感もいいし、お好み焼きのつなぎ
やら、幅広く使えますね。

 

 

魚:きんき

脂ののったきんきは、煮つけが美味しいですね。

 

 

 


関連記事

  1. 立冬初候 第五十五候 山茶始開(つばきはじめてひらく)

  2. 寒露初候 第四十九候 鴻雁来(こうがんきたる) 

  3. 秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  4. 霜降初候 第五十二候 霜始降

  5. 寒露次候 第50候 菊花開(きくのはなひらく)

  6. 寒露末候 第51候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。