寒露末候 第51候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)


【51】寒露末候
第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 新暦10月18日~10月22日 頃
キリギリスが戸口で鳴く

昔は秋の虫全体を指して「きりぎりす」
と呼びました。

 

この期間目にしたり、召し上がると 
幸福感が高まる旬のものは、
開運に欠かせないものです。

植物:柿(かき)
魚 :鯖(さば)
動物:真鶴(まなづる)、きりぎりす

行事など
鞍馬の火祭
京都の由岐神社で行われる

 

「柿が赤くなれば医者が青くなる」と
いうことわざがありますが、

ビタミンA、C、食物繊維などが多く、
 疲労回復、かぜの予防、ガン予防、
老化防止に効果があります。

食べ過ぎると体を冷やすので、
一日一個までに。

柔らかすぎず、皮が均一に濃く色づき、
へたの4枚の葉がしっかりついていて
いるものを選んでください。

花言葉
自然美・恩恵・ 優しさ ・広大な自然の中で私を永遠に眠らせて

 


関連記事

  1. 秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  2. 立冬初候 第五十五候 山茶始開(つばきはじめてひらく)

  3. 霜降次候 第五十三候 霎時施(こさめときどきふる) 

  4. 霜降初候 第五十二候 霜始降

  5. 寒露次候 第50候 菊花開(きくのはなひらく)

  6. 寒露初候 第四十九候 鴻雁来(こうがんきたる) 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。