秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」


【48】秋分末候
第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」 新暦10月3日~10月7日頃
田から水を抜き、稲刈りが始まる。

 

______________

1年を立春からスタートし、
春分、夏至、秋分、冬至の四つの時期を
基準とし、24分割したものが、二十四節気です。

それをさらに、
初候、次候、末候で3分割したものが、七十二候です。

5日に一度進む、季節の移ろいを知らせる
自然界からのサインです。

______________

 

この期間目にしたり、召し上がると
幸福感が高まる旬のものは、
開運に欠かせないものです。

 

植物:銀杏(ぎんなん)
       金木犀(きんもくせい)
魚:  とらふぐ

行事など
新米を食す。
花馬祭:
長野県南木曽町の五宮神社の祭り。飾り付けた馬が練り歩く。

 

田の水を抜き、稲刈りが始まる収穫の時期。
栗や銀杏も食することができる。


金木犀(きんもくせい)は九里(36km)先まで香るので
「九里香」と呼ばれることも。

花言葉は
謙虚 謙遜 高貴な人 陶酔 初恋

 


関連記事

  1. 霜降次候 第五十三候 霎時施(こさめときどきふる) 

  2. 寒露次候 第50候 菊花開(きくのはなひらく)

  3. 寒露末候 第51候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

  4. 立冬初候 第五十五候 山茶始開(つばきはじめてひらく)

  5. 霜降初候 第五十二候 霜始降

  6. 寒露初候 第四十九候 鴻雁来(こうがんきたる) 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。