【1】立春初候   第一候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」


【1】立春初候
第一候「東風解凍(はるかぜこおりをとく) 」2021年2月3日~2月7日
春風が吹いて氷が解け始める

植物 蕗の薹(ふきのとう)
白魚
動物
行事など 福茶

立春から始まる新しい年に初めて汲んだ水を”若水”といい開運効果が高い。若水で淹れるお茶のこと。

初午

立春を過ぎて最初の午の日に稲荷詣でをすると良い。

 

蕗の薹の苦味が冬の間に眠っていた心身を目覚めさせるという。(花言葉は待望・愛嬌・仲間

食べ方:
天ぷら、ふきの
とう味噌、千切りにして味噌汁に入れるとミョウガのようにいただけ、調理が簡単。

 

東からの暖かい風を「東風」(こちかぜ)と呼ぶ。中国の陰陽五行思想では、木のエネルギーは方位は東、そして季節は春に相当する。


関連記事

  1. 寒露初候 第四十九候 鴻雁来(こうがんきたる) 

  2. 霜降初候 第五十二候 霜始降

  3. 立冬初候 第五十五候 山茶始開(つばきはじめてひらく)

  4. 大寒末候 第七十二候 雞始乳(にわとりはじめてとやにつく)

  5. 【2】立春次候 第二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく) 

  6. 秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  7. 寒露次候 第50候 菊花開(きくのはなひらく)

  8. 大寒初候 第七十候 款冬華(ふきのはなさく)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。