片づけられない

以前の自宅は床が見えないほど、物が散乱していて、常に探し物をしていた木下直子さん。

片付けが大の苦手でした。

木下直子さんは、発達障害のアスペルガー症候群。(今は自閉症スペクトラムと言います。)

発達障害とは、脳機能に関する生まれつきの特性、障害です。

発達障害だから、片付けられないのでしょうか?

通常、物を整理する際に綺麗になった状態をイメージしてそれに向かって片づけていきますが、
脳の特性で
そのイメージが出来ないので、何をどう片付けたらいいのかがわからなかったそうです。

人には、それぞれの特性があります。


目で見て理解するのが得意な「視覚優位の人」には、絵に書いて説明してあげたり、
綺麗になった状態を見せてあげること。


言葉で聞いて理解するのが得意な「聴覚優位の人」には、細かく具体的に言葉で説明をして
あげること。

 

体を動かして理解できる「体感型の人」には、一緒に片付けることを体験して体で覚えさせて
あげること。

 

木下直子さんは、一度でも目にしたことは写真のように頭の中に映像として残しておくことが
たいへん得意です。
それである時、他の人に一度綺麗に片づけをしてもらい、映像として記憶したとおりに、
片づけるようにしたところ、今ではよけいなものが何もない自宅になりました。

 

片付いている部屋は、思考もクリアになります。
心が落ち着き、探しものをする時間が無くなりました。

関連記事

  1. クローゼットの整理をしてみました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。