ご縁の方角へ行ったらして欲しいこと

私が専門とする「九星氣学」は、東西南北などの方位を重要視し、
運氣を押し上げる、「吉方位」に引っ越しをしたり、
出かけることで、
来の自分にはないエネルギーを
取り込むことで、大きな変化を起こすことができるのです。

 


自分を応援してくれる吉方位へ出かけ、そのエネルギーを
もらいに行くことを「吉方位取り」と言います。


その効果をより上げるためにやって欲しいことがあります。

その方位を象徴する行動をしたり、見たり、食べたりする
ことです。


今日は南東の小石川後楽園へ植物観察に出かけました。
南東はご縁の運気を得られる方位です。

 


南東を表す一つが、風です。
とても暑い日でしたが、時折吹く涼風がとても心地良かったです。

お目当の蓮の花はもちろん美しかったのですが、
蔓性の植物、松、百合、花菖蒲・藤(花の時期はすぎていましたが)
トンボ、シラサギ、アオスジアゲハを見ることができました。
これらは、南東方位を表すものです。


ランチは、ご縁を呼ぶ天ぷら蕎麦にしました。
細長いものが人とのご縁を繋ぐ意味があります。
ストライプ模様の服を着ることもお勧めです。

南東以外も各方位ごとに、見るもの、食べるものがありますよ。

 


人生を大きく動かしたい時には、吉方位への引越し、海外旅行です。
毎日の散歩の積み重ねからでも始められます。
吉方位は、人それぞれ異なり、
いつどの方位に行けば、どんな運気を得
られるのかが一目でわかるのが、
九星気学アドバイスシート」です。

http://etsuko33.ocnk.net/product/106

関連記事

  1. 八白土星の2019年は、世代交代の年

  2. 九星氣学鑑定 100人モニター

  3. 8月の運気予報

  4. 開運旅行でリタイア節約生活が悠々自適生活に変わる3つのポイント

  5. カリスマ性が無くても、スターになれる方法があります!

  6. 芸人さんたちは、苦労が多くて当たり前なのが、気学占術でも判明!

  7. 秋分の日にするといいこと

  8. 九星陰遁始め

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。