実は浮気性だった!!

 

先日、「夫婦の約束」 という記事を書いたところ、たくさんの方から、うちはこんな感じですと
コメントをいただきました。
ありがとうございました。それぞれのご家庭の様子が興味深かったです。

またある人からは、「面白い話を見つけました」と連絡をいただきました。

記事に関連して、仲良し夫婦の象徴とされている【オシドリ】の写真を使ったのが、
実はそうではないということでした。

 

抱卵はメスだけが行い、卵が孵化するまでオスは敵の攻撃からメスを監視するだけ。

 

この時ずっと片時もそばにいる様子が仲が良い象徴とされるようです。
 

 

でも、卵から雛がかえると、オスは夫婦関係を解消し、別のメスへの求愛準備を始め、

 

毎年かならずパートナーを変える浮気者ということになります。

 

 

これに対して、本当にずっと仲がいいのは、

 

生きた化石と言われる【カブトガニ】

 

「カニ」と名づけられてはいますが、クモやサソリなどが含まれる鋏角類に分類され、

甲殻類であるカニとは全く別の節足動物です。

 

ツガイになると、大きなメスの後ろから小さなオスのめくれ上がった前縁の凹み部分を

接合させて、

 

くっついたまま移動し、3年間も接合したまま生活したとの記録もあるそうです。

 

こうした生態の為に、稀に漁師の網にかかるカブトガニは殆どといっていいほど

ツガイであるらしいです。

毎年パートナーを変えるような浮気者はごめんですが、くっつきすぎもどうかと思いますね。

関連記事

  1. 記憶は美化される

  2. おすすめのお店

  3. Cherry Plum

  4. 春分の日

  5. 父からの忠告

  6. 感情整理を学ぶ講座

  7. 芽が出たよ!

  8. 「満月祭」ありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。