ルーツを知る

著名人の家族の歴史を徹底的にリサーチし、本人も知らない家族の秘話を紹介する「ファミリーヒストリー」が好きで、見ることがあります。

両親や祖父母、曾祖父母の歴史を知り、涙する場面も。

自分がこの世に存在するのは、面々と続くご先祖さまがいたからです。

 

 

 

今日は、父方の祖父の33回忌、祖母の23回忌の法事でした。

 

祖父のルーツは長野県、祖母は八王子の出身です。

長男である私の父も、6年前に亡くなり、曾祖父母のことやもっといろいろな話を聞いておけば良かったなと思います。

叔父やいとこから、昔のことを少し知ることができました。

小さい頃は、どこに行くのも、祖父母と一緒でした。

小学校の頃に、祖父が転勤で静岡県の沼津に行ってからは、夏休みの思い出は伊豆半島でした。

そういうことも含めて、今の私が出来上がっているのかなと思います。

皆さんも、ご両親やおじいちゃんがお元気なうちに、聞いてみてくださいね。

そして、ご自分のお子さんに、伝えていくことも忘れないで。

 

 

 

13/90

関連記事

  1. 扇子はセンス良く、オバチャンにならない方法

  2. 自分の家紋を知っていますか?

  3. 先生になって、一番うれしかったことは?

  4. 経験ゼロの私でも”先生”になれる2つの秘密を教えます♪

  5. 記憶は美化される

  6. 夫婦の約束

  7. クローゼットの整理をしてみました。

  8. 芽が出たよ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。