十五夜

朝晩すっかり、涼しくなりましたね。
13日の今日は、十五夜です。

 

十五夜は毎年15日だと思っている方も多いかもしれません。

 

十五夜は旧暦の8月15日に見えるほぼ満月のことを言います。
昔は月の、満ち欠けのサイクルでひと月を数えていたので、
15日が決まってほぼ満月でしたが、現在の暦ではかなり
ずれて、9月8日から10月8日に出るほぼ満月のことを十五夜と
呼びます。

 

実際の満月は14日の13時33分に満月を迎えます。

 

何れにしても月を愛でるのは、ロマンチックな気持ちに
なりますね。


私は、今日こよみすと活動で、築地でお月見をしてきます。

 

築地や月島のように、「つき」がつく地名は、
江戸時代に東京湾に登る月を愛でる月見の名所だったそうです。

関連記事

  1. 片づけられないママは、もうどこにもいないね。

  2. アポロチョコレートみたいなお花 カルミア

  3. 今はアスペルガーの母で良かったなと思います。

  4. おすすめのお店

  5. ルーツを知る

  6. 父からの忠告

  7. 日テレ「ザ!世界仰天ニュース」に出ます。  

  8. 3月12日 満月の日に「庭園セラピー」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。