自分の家紋を知っていますか?

 

友人から、実家とご主人の家紋を
知っていたら、教えてと連絡がありました。

 

普段の生活では、忘れている家紋ですが、
家紋の図柄に植物が多いことから、
最近気になっていることでした。

 

家紋とは

  1. 家紋は今日まで息づいている日本固有の文化であると言っていい。
  2. 古くより出自といった自らの家系血統家柄地位を表すために用いられてきた。
  3. 日本だけで241種、5116紋以上の家紋がある。
  4. 単に紋所(もんどころ)やとも呼ばれる。
  5. 2018年現在、採取されているだけで 2万近くの家紋が確認されている。
  6. 武具(甲冑など)に好んで使用された。
  7. 家紋は人々の暮らしに息づいていた。

Wikipediaより

 

 

大阪出身の私は、関西は「女紋」という習慣があり、
母から譲られた「三つ盛り蔦」を留めそでに染めてもらっています。

 

 

 

 

 

連絡のあったその日は、私の誕生日祝いで友人たちと夕食の約束をしていました。

 

その席で、「はい、これ!」と渡されたのが、

 

 

 

私の家紋の種類がなかったので、

女性らしい「揚羽蝶」を選んでくれました。

平家の代表紋のようです。

蝶は、ラッキーシンボルでもあるので、
友人の心遣いがとても嬉しかったです。

 

皆さんも、ご自分やご実家の家紋を調べてみると
由来や面白いことがわかりますよ。

 

ちなみにこの扇子は、こちらで購入できるそうです。

D-BROS 銀座シックス店
https://ginza6.tokyo/shops/1167

 

 

ボタニカル風水鑑定
100人モニター受付中です。

定価20,000円が5,000円です。

暦を読み、季節を感じ、植物にふれたりすることで、
自然回帰の暮らしができ、開運していくメソッドです。

 

お申込みは、こちらから
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqObGpAdEv

 

マスターセラピストトレーニング協会認定
ボタニカル風水プラクティショナー
バッチフラワーインストラクター
九星氣学インストラクター

冨岡悦子

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 挑戦し続ける

  2. 春分の日

  3. カンボジアシルク

  4. 「満月祭」ありがとうございました。

  5. Cherry Plum

  6. 芽が出たよ!

  7. Word Press講座2日目

  8. ルーツを知る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。