七十二候 第53候 霎時施 10月28日~11月1日

季のうつろいによって育まれた日本人の感性や暮らしの知恵があります。
春夏秋冬という四季だけでなく、二十四節季、七十二候と呼ばれる季節と
ともに生きてきました。

七十二候は、5日ごとに美しい名前が付けられ、気候や動植物などから季節を
感じ取ることができます。
忙しい現代だからこそ、七十二候を少し意識して生活してみると、移りゆく
季節の微妙な変化に気づき、自然を感じる感受性を育むことができます。

植物や旬の魚や野菜、果物、行事をご紹介していきます。

 

七十二候 第53候 霎時施 こさめときどきふる

      時雨が降るようになるころ

「霎(しぐれ)」とは時雨(しぐれ)のこと。晩秋から初冬にかけて、
ふいに強い雨が降りかかり、見る間に去っては青空が戻ってくる空模様。
この時季は、一雨ごとに気温が下がり、季節は確実に冬へと向かいます。

 

おすすめの魚

     きんき

脂ののったきんきは、煮つけが美味しいですね。

 

旬の野菜

      山芋 やまいも

大和芋、長芋、自然薯、銀杏芋など、600種類もあるといわれ、いろいろな料理に
使われますが、唯一生で食べられるネバネバのお芋です。

栄養価の高い食品で、滋養強壮によく、疲労回復に効果的なことから、
「山のうなぎ」と呼ばれています。

すりおろしたとろろ汁、短冊切りで梅肉あえや、焼くとホクホクした食感もいいし、
お好み焼きのつなぎやら、幅広く使えますね。

 

 

ボタニカル暦生活をご提案しています。

ただいま、「ボタニカル風水鑑定100人モニター」を実施中です。

 

 

 

マスターセラピストトレーニング協会認定
ボタニカル風水インストラクター
冨岡悦子

関連記事

  1. 七十二候 第54候 楓蔦黄ばむ (11/2~11/6)

  2. 七十二候 第55候 山茶始開 (11/7~11)

  3. 7月23日㈪の誕生花は?

  4. 都内賃貸マンション探し

  5. ボタニカル風水鑑定 100人モニター 募集

  6. ご自宅鑑定の申し込みが続いています

  7. HP再構築中です

  8. ふたご座新月

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

更新情報

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. ボタニカル風水