七夕 

季節がまたひとつ進みました。

二十四節気 小暑 梅雨が明けて暑さが本格的になる頃。

ここから8月8日の立秋までが、暑中見舞いの時期です。

 

旧暦の7月7日は七夕。

天の川を挟んでベガ(織姫星)とアルタイル(牽牛星)が1年に一度会える日です。

この二つの星の逢瀬を、季語では「星合」「星の契り」「星の閨」などど例えます。

夜空を見上げて、ロマンチックな気分に浸って見たいものです。

 

七夕のしつらえとして欠かせないのが笹飾りで、空へまっすぐ伸びる

笹竹にあやかり、願い事が天に届くように五色の短冊をつけて軒先に飾ります。

短冊の色は、青・赤・黄・白・黒の五色で、中国の五行思想に由来し、

人が備えるべき5つの徳を表すと言われています。

青(木=仁)、赤(火=礼)、黄(土=信)、白(金=義)、黒(水=智)

 

かつて、七夕の願い事は、短冊ではなく、梶の葉に書き付けていました。

カジノ木は、神に捧げる神木です。

里芋の葉っぱに溜った夜露を「天の川の雫」に見立てて、墨をすり、梶の葉に

字や習い事の上達を願って短歌を書いていました。

 

あなたの願い事は何ですか?

思いの強さが強ければ、必ず叶います。

 

 

花暦ST はなこよみすと 冨岡悦子

 

 

 

 

 

関連記事

  1. HP再構築中です

  2. 七十二候 第29候 菖蒲華 あやめのはなさく  6/27~7/1

  3. 七十二候 第30候 半夏生(はんげしょうず) 7/2~6

  4. 七十二候 第64候 乃東生 なつかれくさしょうず 12/22~26

  5. 七十二候 第63候 鱖魚群(さけのうおむらがる) 12/17~21

  6. 七十二候 第27候 梅子黄 うめのみきばむ  6/16~21

  7. 七十二候 第37候 涼風至  りょうふういたる 8/8〜12

  8. 七十二候 第66候 雪下出麦 (1/1~5)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。